本文へ移動

ダンボール工場の場合

 ダンボールを製造するコルゲーターマシンの70%以上に、スチーム・Zが導入されています。
好評の理由は、基本的には工程を構成する全加熱ユニットに期待通りの熱が付き、工程が安定する
ので、歩留まりが増加し、生産性が向上したからです。
 コルゲーターは加熱シリンダーと熱板からなり、付属するトラップの数は30~40個です。
普通、各トラップの出口側は、1本の同じ回収管に接続しています。
 製造ロットサイズがほかの産業に比べて小さく、1日50回くらい運転を止め、段取りを変えて
再び運転を繰り返している現場が多くあります。
 使用蒸気圧力が、1.0~1.2MPaと比較的高いのでトラップが故障しやすく、たいていのコルゲ
ーターは、吹抜故障トラップを抱えています。そのため、伝熱面の温度が低く、しかも左右の温
度が一致しない加熱ユニットが存在している場合が多いです。しかし、そのような現象に慣れて
しまっていて、不具合を何とかやりくりして調整し、運転をつづける、つまりやりくり上手が作
業員の技術と見做されていました。
 また、新しいロットに段取りを合わせて運転を始めた場合、各加熱ユニットの温度が安定しな
いうちに出てきた品物は不良品であり、しかも同じ製品を作る場合でも、その都度その量がばら
つき、運転初期の不良品をいかに安定して減らすかが大きな課題でした。
 既設トラップをスチーム・Zに交換したら、その時点で吹抜故障が全く無くなり、その後の吹
抜故障も材質的にも構造的にも起こりえないので、全加熱ユニットの熱付きがよく、全工程の温
度が長期間継続して安定しました。従来、個人の勘を頼りにしていたやりくり技術が不要とな
り、製品ごとの運転マニュアルを作ることができ、管理が非常に楽になりました。
 運転開始後、製品品質が安定するまでの時間も短縮し、原料板紙の送りスピードを上げても、
初期不良品が減少し、歩留まりが上がりました。当然、時間当たりの生産性も格段に向上し、作
業時間が短縮しました。
 耐久性も抜群でコルゲーターの最長例では20年間故障もなく、現在も順調に動いています。
ゼットエンジニアリング株式会社
〒133-0057
東京都江戸川区西小岩2丁目
11番7号 富士ビル
TEL.03-3658-2250
FAX.03-3658-0765
TOPへ戻る