本文へ移動

ウォーターハンマーの抑制

保温タンク内のウォーターハンマー抑制の例

保温コイルや保温タンク内で発生するウォーターハンマーは圧
 
力の脈動によるものです。稼働弁式スチームトラップは断続的
 
にドレンを排出するため、配管内部の圧力を常に脈動させ、製
 
品貯蔵タンク等で大規模なウォーターハンマーを発生させるこ
 
とがあります。 保温タンク内のウォーターハンマー抑制の例オリフィス式スチームトラップ「スチーム・Z」はドレンを連続排出するため、配管内部の圧力を
 
脈動させず、ウォーターハンマーを抑制します。

配管内のウォーターハンマー抑制の例

 
配管で発生するウォーターハンマーには様々な要因があります
 
が、可動弁式スチームトラップがドレンを滞留させたり、蒸気
 
を漏らすなどして、ドレンと蒸気の2相流を作り出した際にも
 
発生します。 配管内のウォーターハンマー抑制の例オリフィス式スチームトラップ「スチーム・Z」は設計されたオリフィスからドレンを連続排出す
 
るため、配管内に2相流を作らず、ウォーターハンマーを抑制します
ゼットエンジニアリング株式会社
〒133-0057
東京都江戸川区西小岩2丁目
11番7号 富士ビル
TEL.03-3658-2250
FAX.03-3658-0765
TOPへ戻る